FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花を作るのは銅(どう)ですか?ワークショップレポート! その2

おまちかね!詳細なレポートです!
丁寧に書いていただきありがとうござます~!
以下、岡田さんより↓

************************************

小学生相手になんか偉そうな俺。
この子たちは結構遠くからこのWS目当てに10人のグループで来てくれました。
おじさん嬉しかったけど、君らが一番大変だったよ・・・。
それにしても最近の小学生はマセてるぜ
149636_369968239750316_1742866270_n (400x225)

今回はサンプルとしてこいつを持って来ました。
実際、今回は「ナマし」という火で熱して作るプロセスじゃなく、「硫化仕上げ」というやり方を実践してもらったので、出来栄えは違うんですが。形のお手本にはたぶんなったと思う。
皆じっくり見て作ってました。
250449_369968579750282_1629498455_n (400x300)

今回手伝ってくれた伊藤君。
マジで君のおかげで助かったよ。
小学生達に超人気で、最後はなんか電話番号とか聞かれてました。
最近の小学生は携帯電話とか普通に持ってるんだよねー。
250508_369968729750267_2083707695_n (400x300)

今回やった「硫化仕上げ」の様子。
黄色っぽい液体の中身は流化カリウム水溶液です。
温泉の泉質と言えば分かりやすいでしょうかね?
480389_369968836416923_217873417_n (400x300)

この硫化液に漬けると一瞬で黒く変色します。
そのまま放置すると黒くなる一方の為、「重曹」で偏った性質を中和させます。
参加者の子が漬けて、伊藤君がそれを受け取り重曹をもみ込んでいます。
直に触るとちょっと危ないからね
421297_369968963083577_571382964_n (400x300)

今回急遽お手伝いしてくれた本庄第一高校の棚澤先生(左)
最初先生に見えなかったぜ・・・。
他に3人の高校生もお手伝いに来てくれたんですが、どの人が先生かわかんなかったし・・・。
聞けば俺より年下でした。それにしても若すぎるだろ。
でも本当助かりました。やっぱ学校の先生は子供慣れしてる。
つーか伊藤くんも先生になれよもう。
254453_369969179750222_117281215_n (300x400)

昨年の反省を踏まえ、参加枠一コマの対応人数を増やして臨みましたが、こんだけ増えるともう手狭もいいとこ。
嬉しいんだけど、これだけの人数来るとちょっと対応しきれない部分も出て来てたので、スタッフ陣はやや心配気味。
棚澤先生と伊藤君と俺は、結局昼飯食えませんでした。
ごめんね。
553607_369969379750202_567404215_n (300x400)

ちっちゃい子達も一生懸命作ってくれました。
木槌なんか振ったことないだろうけど、楽しかった!って言ってくれてました。
つーかお母さんの方が夢中になってた組も(笑)
嬉しい限り!
522453_369969716416835_2073736626_n (400x300)

お父さんと一緒に制作!
今回、花の型を切りぬくところからしてもらったので、お子さんの手に余る部分は親御さんが手伝ったりしてた場面も多々ありましたね。金切り鋏使うのは難しいからねー。
304306_369969943083479_1788230998_n (300x400)

伊藤先生と小学生達。
もうマジでお前先生になれ。それか笛吹きになってどこかに連れ去れ。君ならできる。

それにしてもこの子たちは面白い子たちでした、ほんとに。
292803_369970003083473_557638001_n (400x300)

参加者が作ったバラ!
講師を上回る出来栄えでしたよほんとに!
ナマしたものと違って、硫化仕上げのものは金属磨きで磨くとピカピカになるのが特徴です。
写真ちょっとわかりづらいんだけど。
553590_369974816416325_1459642135_n (300x400)

スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。